キャッシングの新規契約を行う場合の審査では、どのような点が重視されるのでしょうか。
まず職業については、収入の高さよりも安定した収入があるのかが重要視されます。

公務員や会社員が高く評価されて、自営業者やアルバイトだと不利になる場合が多いです。
また勤務年数も大切で、1年以上の勤務実績があれば問題はありません。

しかしそれ以下だと難しくなります。
さらに6ヶ月以下の場合には、審査には通らない可能性が高くなります。

電話については、携帯電話がなければマイナス評価になります。
意外ですが、今は固定電話よりも携帯電話が重視されているのです。

住所については、借家よりも持ち家の方が評価は高くなります。
また住所を頻繁に変えている場合はマイナスになります。

一箇所にずっと住み続けている方が評価は高いのです。
年齢については、20~30代の人の評価が高くなります。

年齢が高いほど信頼性が高くなる気がしますが、実はキャッシングのメインターゲットの世代である20~30代の方が高く評価されています。
キャッシングでの審査基準は他にもありますが、とくにこのような項目が重視されています。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·